車査定だけが必要
*
ホーム > 健康 > 抗ガン剤で完治した症例がほとんどありません。

抗ガン剤で完治した症例がほとんどありません。

偉大な病理学者の考えにより、それ以降の医学生達は、
『ガンはどこまでも発育していき三大療法(手術、放射線、抗ガン剤)で治らなければ予後不良』
と教わり卒業していきます。

そして、転移ガンが治癒する確率が圧倒的に低いということを、彼らはたくさんの症例から経験していきます。

特に転移性のガンや末期のガンは、
手術、放射線、抗ガン剤で完治した症例がほとんどありません。

ですから現場の医者たちが、治療しながら亡くなっていく症例を、
あまりにも多く体験していく中で、ガンは治りにくいものと思ってしまうのは無理もありません。

つまり、先ほどの女性の乳ガン細胞の話もそうですが、ガン細胞の、どこまでも育っていくという性質を勉強してきた研究者や医者は、
ガンは治りにくく再発もしやすいという固定概念を持ち続けていて、まして自然治癒などあり得ないと思っているのです。

また近年の医療訴訟の増加で、医師は万が一の用心のために、患者さんには最悪の結果を告げてしまいます。

当然、患者さんは絶望の淵に追い込まれます。

ただでさえガンの告知で強烈なストレスにさらされているのに、
更に追い打ちをかけられ、ストレスを煽られるわけですから、治りにくい条件が嫌でも揃ってしまうことになります。




関連記事

抗ガン剤で完治した症例がほとんどありません。
偉大な病理学者の考えにより、それ以降の医学生達は、『ガンはどこまでも発育していき...
いい年で太ってきたときの対策
いい年になってきて、結構太ってきたなと感じたらジムに通ってみるというのも良い方法...
耳鳴りのひどい友人
耳鳴りのひどい友人がこんな事柄を言っていました。「精神医学のクリニックとか心療内...
肩の疼痛
これはわたしの苦悩ですが…。40歳になり、近頃ひときわ肩の疼痛や腰...